長期保有資産の選択

インテリア

信頼性による安心感

日本は人口の割に国土が狭いために土地価格が諸外国に比較して割高になっています。特に全体の7割程度が山岳地帯となっているため平野の面積が少なく、住宅価格は特に高くなっており、国民の大きな負担となっております。従来は一戸建てへの志向が強かったのですが、最近は利便性を考慮したマンション購入者も増加しています。マンション購入に際しては東日本大震災以降、安心・安全が重視されています。brilliaは豊富な経験を持つデベロッパーが信頼できるブランドとして展開しております。brilliaブランドのマンションは首都圏に多く存在して、駅へのアクセスも良好なケースが一般的となっています。ブランド価値を反映してbrilliaは一般的なデベロッパーの開発するマンションよりも割高とはなっておりますが、仕様や居住性を考慮すると必ずしも価格面でのハンデキャップはないことになります。brilliaは施工業者の選択においても信頼できる業者を選定しているため、分譲マンションとして長期に保有する際にも安心できる物件となっています。管理についても専門の関係会社が一括して管理を行っているので、管理組合としての業務が効率的に行える体制を確保しています。分譲マンションは長期保有が前提ですが、環境の変化に応じて、物件を売却する必要が生じた場合でも、brilliaブランドは市場性があるので、転売することでも優位性が期待することが可能となってます。